イメージトレーニング

 

ネガティブな思考や行動パターン、習慣、癖などは、意志の力だけで改善するのはなかなか難しいものです。

イメージトレーニングでは、催眠状態の中で問題を克服している成功イメージを体験することであなたが望む自分の姿を潜在意識に刻み込みます。そうすることにより、自然とあなたが望むポジティブな思考や行動パターンが身についていきます。

イメージトレーニングで何ができるの?

 

いくら顕在意識上で強く望んでいても、顕在意識は意識全体のうち約10程度にすぎないため、残りの約90%を占める潜在意識が抵抗していれば、その望みを実現することは難しいです。

 

例えば・・・  「痩せたい」と顕在意識上で強く望んでいても、心の奥の潜在意識が「食べたい、食べたい」と願っているのであれば、90%が食べたいと望んでいることになるので、これを意思の力だけで抑えるということはかなり難しいといえるでしょう。意思の強い人なら、少しの間であれば我慢することができるかもしれませんが、抑えきれなくなり、リバウンドすることも少なくありません。

 

イメージトレーニングでは、この90%の潜在意識の方に働きかけ、心の奥から「痩せたい」と思えるよう言葉がけをしていきます。痩せたら、どんないい事が待っているのか、痩せたら、どんなに人生が楽しくなるかなど、催眠状態の中で感じていくことで、心の奥でどんどん痩せたい思いを膨らませてもらいます。また、催眠状態の中でダイエットに成功し、きれいになっていく自分をイメージしていく事で、成功体験を潜在意識に刻み込んでいくことができます。

 

  潜在意識には、過去の出来事がその時の感覚・感情と共に記憶されています。

 

潜在意識の中にある失敗体験や繰り返し言われた否定的な言葉など、ネガティブな記憶が今のあなたのネガティブな思考や行動パターンを作り出しているのです。それをポジティブな思考や行動パターンに変えていくためには、あなたの潜在意識の中にあるネガティブな記憶をポジティブなものに書き換えていく必要があります。

 

 ◆潜在意識は、現実と想像を区別する事ができません。

 ◆また、過去や未来といった時間の感覚もありません。

 

ですから、催眠状態で創造したイメージは、今まで体験してきた記憶と同じように思考や行動パターンに影響を与えます。また、催眠状態ではイメージや感情が湧きやすくなるという特徴があるため、リアルなイメージを描きやすくなります。

 

この特性を活かして、催眠中にあなたが願望を達成している姿をリアルにイメージする事で、成功体験を潜在意識に刻み込んでいくことができます。それにより潜在意識は願望を叶えたいという顕在意識を強力にバックアップします。  

 

このような潜在意識の特徴を上手に活用するのがイメージトレーニングです。

 

 

 


※これは、スポーツや芸術の分野で行われているイメージトレーニングと同様のものとして捉えることができます。 スポーツ選手であれば、自分が完璧なプレイをしている 様子を何度もイメージすることで、本番にも同様の力を発揮できるよう準備します。